保育の仕事☆おすすめ転職サイト

総合ランキング

保育のせかい
おすすめ度★★★★★
はじめての学童指導員
おすすめ度★★★★★
ほいくちゃんねる
おすすめ度★★★★

トップページ > 保育の転職について > 保育の仕事内容と将来性に関して

保育の仕事内容と将来性に関して

かつての保育士と言えば、女の子の憧れる職業のナンバーワンでした。
しかし、現在は様相が大きく変わって来ています。
保育園には男性の保育士が増えていますし、保育士という職業に興味を抱く男性が増えています。
待機児童の問題が表面化していますが、全国的に保育園の数が足りないと言われています。
保育士の待遇改善も含めてですが、見直す時期に来ているのではないでしょうか。
以前から言われているのが、公立の民間の待遇の違いです。
公務員である公立の保育園は、福利厚生を含めて充実しています。
その一方で、民間の保育園の賃金は安いと言われています。
転職希望者が増えていますし、この辺りが人材の不足に繋がっているのではないでしょうか。
夜間や早朝の人員も不足していますし、これらも課題と言えそうです。


人材の不足を解消する術としては、潜在有資格者の活用があるのではないでしょうか。
大学や専門学校で資格を取得しても、実際に勤務していない保育士が多くいるはずです。
長期のブランクに不安を感じる方もいますが、研修制度を充実させることで乗り切れるのではないでしょうか。
40代以上の中堅をフルに活用することで、世代間の交流も深まると予想されています。
誰もがそうですが、幼い頃に受けた教育が大人になってから花を開くことがあります。
保育士の肩にかかる期待は大きいですし、子どもと親御さんと共に成長して行けることが大切です。
退職者の再雇用も増えていますし、社会と繋がっていられることは幸せです。
ハローワークでも転職相談をしていますし、前向きにチャレンジすることで未来が開けるのではないでしょうか。


保育士が必要とされる要因としては、女性の社会進出が挙げられます。
大きな企業や病院においては、企業内や院内保育園が併設されています。
朝に子どもを預けて、夕方まで安心して働ける環境があります。
シングルマザーやファアザーが増えていますし、仕事と家庭の両立を下支えしてくれています。
保育士を取り巻く環境は厳しいですが、子どもの成長を手助け出来るのは素晴らしいことです。
自宅を改築して小規模な保育園を開設する方も増えていますし、副業としての認知度も上がって来ています。
行事や様々なカリキュラムもありますし、園児と二人三脚で乗り越えることが喜びとなります。
少子高齢化の時代になっていますが、逆の考え方をすれば一人の子どもにかける時間は増えていると言えます。
将来を担う子どもをサポートして、明るい日本を作ってみて下さい。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP