仮想デスクトップでできることとは

仮想デスクトップでは、1つのデスクトップ画面に複数のデスクトップを立ち上げることによって、複数の作業を並行して行うことが可能となります。windowsでは、windows10から実装され、作業の効率化が図られるとして注目を集めています。windows10に実装されているものは、ネットではつながっていないため、基本的には自分のパソコンでしか操作ができませんが、デスクトップ環境を仮想化して、サーバー上に集約することによって、どのパソコンからも自分のデスクトップ環境を呼び出すことが可能となります。最近では、各企業が導入して大きな成果を上げています。windows10に実装されたもの、サーバーに集約する方式のもの、それぞれに効果的な使用方法がありますので紹介します。

windows10に実装された仮想デスクトップのメリット

winndows10に実装された仮想デスクトップでできることの最大のメリットは、複数の作業を並行して行うことが可能となったことです。例えば、wordを使用して資料を作成する場合、web上の解説やデータを使用することが多々ありますが、従来であれば一つのデスクトップ上で画面を切り替えながら操作する必要がありました。しかしながら、この機能を使用すれば、複数のデスクトップを並列に表示することができますから、一方のデスクトップに解説文などを表示させ、一方ではwordを立ち上げて入力できますから、面倒な画面の切り替えが不要となります。最近では、大型のディスプレイも比較的、安価で販売されていますので、自宅で作業する場合には、こういったものを利用すれば、さらに作業効率をアップさせることができます。

デスクトップをサーバー上に集約することによるメリット

最近、様々な企業で導入されているのが、デスクトップ環境をサーバー上に集約し、パソコンを選ばずに自分のデスクトップを立ち上げる仮想デスクトップです。この場合のメリットとして、社内のどのパソコンでも、自分のデスクトップが立ち上げられるため、人事異動で部署を変わっても、本体を移設させる必要はありません。最近では、日々、デスクを変更するオフィスもありますから、この方式を導入していると非常に便利です。もちろん、OSのバージョンアップも集中して行うことが可能です。また、出張先からレポートや報告書を作成することも簡単になりますから、今まで以上にスピーディーな仕事を行うことが可能となります。ただし、デスクトップをサーバーに集約させることから、セキュリティ対策には今まで以上に注意を払う必要があることは言うまでもありません。