知っておきたい仮想デスクトップの基礎知識

パソコンで仕事をしていて、あれもこれもと複数のソフトウェアを起動したため、デスクトップがいつの間にかソフトウェアでいっぱいになったという経験をされた方は多いのではないでしょうか。また仕事用とパーソナル用のファイルを同時に開いていて混乱した、必要なのに閉じてしまったということに不便を感じている方もいるかも知れません。そのような問題を解決してくれるのが、Windows10から導入された新機能の「仮想デスクトップ」です。通常わたしたちが使用するモニター画面には、デスクトップがひとつしかありません。しかしデスクトップが複数あれば、仕事用とプライベート用などのようにデスクトップを分けて管理することができるので、混乱することはなくなります。新しいデスクトップは無限に追加できるので、異なる環境が必要な場合や常時複数のソフトウェアを使用する場合には大変便利な機能です。

仮想デスクトップの仕組みと機能

仮想デスクトップは、現在使用しているデスクトップとは別に、複数のデスクトップを見えないところに作るという機能です。そのため「仮想」という言葉が使われています。見えないところ、というのはシステムの内部になります。システムの内部では、現在見えているデスクトップとは別の環境のデスクトップをデータとして保存しています。そしてマウス操作などでデスクトップを切り替えると、現在見えているデスクトップを見えなくし、システム内部に保存している別のデスクトップを画面に表示します。そのため、私たちの目にはデスクトップが切り替わったように見えるのです。新しいデスクトップを作成すると、パソコンを起動した時と同じデスクトップが1つ出来ます。新しく出来たデスクトップでソフトウェアを起動しても、古いデスクトップではそのソフトウェアは起動していません。そのためデスクトップごとに、起動するソフトウェアを変えたり、ファイルを変えたりということが可能になります。

仮想デスクトップはどのような場面で使えるか

従来は仕事用の文書を作成している途中で、プライベート用の文書を作成したくなった場合は、同じデスクトップ上に2つの文書が開かれた状態で表示されていました。そのため混乱したり、誤って閉じてしまったりという問題がありました。また起動しているソフトウェアや開いている文書が多くなると、切り替えたりファイルを閉じたりという手間も増えてきます。しかしデスクトップを仕事用とプライベート用、プロジェクト別、目的別、ソフトウェア別などで分けて使えば、ソフトウェアを何度も起動したり終了したりする時間の短縮につながります。また1度作成したデスクトップは次回のパソコン起動時も有効ですので、毎日のワークフローでも同じ環境で使えるという安心感もあります。アイデア次第では、さらに作業を効率化できる機能です。なおデスクトップ上に作成したファイル・フォルダー・ショートカットは、他のデスクトップにも反映されます。ソフトウェアをインストールした場合も同様です。

Tintri Vmsore T820の参考価格1,480万円です。 大規模なVDI環境に安定した性能を提供します。 仮想マシン単位でボトルネックも細かく見える化。 SSDを搭載したフラッシュストレージで、レイテンシーは1ms以下の高パフォーマンスを提供します。 設定やチューニングを行うことなく、数百から数千台もの VM を同時に稼働できます。 仮想デスクトップをご検討されるならこちらをチェック!